がん患者の家族日記

腹膜播種の妻と過ごした体験談

第46話 日記のすすめ

〈がん患者の家族の体験記〉

このBLOGは、がん患者の家族の回想録です。2010年~2019年までの9年間、大腸がん(横行結腸)・卵巣への転移・腹膜播種・肝臓への転移・腸閉塞でも、とても前向きに生き抜いた妻。患者家族である私が、その当時に書いた日記をもう一度読み返し、当時の患者家族の気持ちを振返ってみました。

今日は、2014年7月の日記を読み返してみました。

 

2014年7月31日(木)の日記

・1960年7月18日から今日で何日目なのか。計算すると19723日だ。
・日記を書き始めて今日で3646日目。これまでの人生の18%の記録だ。
・70歳まで生きた場合、人生の37%位の記録となる。

 ※ 1960年7月18日:私の誕生日のこと。

 

f:id:friendly2019:20220129092437j:plain

樹齢3,000年(推定)の屋久島 “紀元杉”




〈2014年の7月

妻は2010年12月に大腸がんの切除手術をしました。そして12年8月に転移した卵巣の切除手術をしました。真夏の暑い日だったことを覚えています。
さらに15年5月には、転移した肝臓の切除手術をしました。腹膜播種があり、完治を目指す治療から少しでも長く生きるための共存をする治療へ変わりました。更に18年からは、緩和を目指す治療に変わりました。

私たち家族は、どの時期においてもチームで考えて行動することができました。どの行動も満点とは言えませんが、感情に流されないで過ごすことができたと思います。

〈知らない自分を知る〉 

私は、2004年8月25日(水)に「日記」を書き始めました。今日は、2022年1月29日ですから17年半の間、1行だけの日もありますが書き続けています。
当初の内容は、仕事のことが大半でした。勤務場所が現場から本社に変わり自分を見失いかけ、本来の自分を取り戻すために「日記」を書き始めたのだと思います。

日記開始から6年後の2010年、妻のがん治療が開始された後は、妻の病気のことで埋め尽くされる様になりました。

日記を書き続けてわかったことは、自分の心とは何と曖昧なんだということです。今日は良い日だったのか、喜怒哀楽の原因は何なのか。一日が終わり日記帳を開いて心の中を文字で表そうとすると、曖昧な自分の心が鮮明になってきます。これが日記の良さではないでしょうか。

日記を書くことで “いまの自分” を知ることができます。さらに、妻や家族と過ごした喜怒哀楽の “過去の自分” を振り返ることもできます。過去といまを知れば、未来を予測することもできるのかもしれません。

屋久島の杉の様に “泰然自若” に生きたいと思います。

                                 

お読みいただきまして、ありがとうございます。

・次回の家族日記は

 〈長野旅行〉

を2022年2月2日(水)に予定しています。

第45話 黒部立山の旅

〈がん患者の家族の体験記〉

このBLOGは、がん患者の家族の回想録です。2010年~2019年までの9年間、大腸がん(横行結腸)・卵巣への転移・腹膜播種・肝臓への転移・腸閉塞でも、とても前向きに生き抜いた妻。患者家族である私が、その当時に書いた日記をもう一度読み返し、当時の患者家族の気持ちを振返ってみました。

今日は、2014年6月の日記を読み返してみました。

 

2014年6月14日(土)の日記

立山アルペンルートのツアー旅行に参加した。
黒部ダム建設の凄まじさを知り驚いた。山々の姿のすばらしさは言葉では表現できない。
雷鳥、雪の回廊、星空など、ここ立山でしか味わえないことを体験した。
・ツアー旅行のため時間を気にしながらの旅だが、楽しく初日を終えた。

  ※ 立山アルペンツアー:ホテル立山に泊まる1泊2日のツアー旅行のこと。

 

f:id:friendly2019:20220126095438j:plain

我ら夫婦の前で寄添う雷鳥の夫婦



〈2014年の6月

この月の日記を読み返すと、暖かい日が多く、我が家の庭にある紫陽花やハナミズキがきれいに咲いていたことが書かれています。妻の体調も安定していて、患者会の集まりに参加したり畑作業をしたりして過ごしていました。息子の就職活動も一段落したこともあり、夫婦で旅行会社が企画するツアーに参加しました。初めてのツアーです。

添乗員の方に導かれ、色々な場所をスムーズに訪ねることができて良い旅ができました。旅の日の日記や写真を見直すと、忘れていた出来事をたくさん思い出します。私たち夫婦には「幸せの瞬間」と呼べる時間が、たくさんあったことを改めて実感します。

ありがたいことだと思います。

〈日本一周の旅〉 

私は “定年後こそが現役時代” と考えて、いくつかのことに挑戦しています。その一つに「日本一周の旅」があります。当初の計画は、車中泊メインの “クルマ旅” で1年程度で一周する予定で2020年にスタートしました。まず8月に伊豆半島を一周して、車や備品をチェックし、12月に約1ケ月かけて四国を一周しました。

しかし2021年は、私自身は脳梗塞に罹患したり持病の心臓病が悪化し、世の中全体ではコロナが広がったため、活動を一旦休止して計画を見直しました。2022年は、安全と健康とコロナ予防を考慮して、移動手段は “クルマ”旅 を “電車旅” に変え、実施期間は “1年” を “5年” に延長して、無理をしないで夢を実現しようと思っています。

その際には「立山」をはじめ、妻や家族で訪ねた想い出の地も再訪したいと思います。

                                 

お読みいただきまして、ありがとうございます。

・次回の家族日記は

 〈日記のすすめ〉

を2022年1月29日(土)に予定しています。

第44話 玉川温泉の人々

〈がん患者の家族の体験記〉

このBLOGは、がん患者の家族の回想録です。2010年~2019年までの9年間、大腸がん(横行結腸)・卵巣への転移・腹膜播種・肝臓への転移・腸閉塞でも、とても前向きに生き抜いた妻。患者家族である私が、その当時に書いた日記をもう一度読み返し、当時の患者家族の気持ちを振返ってみました。

今日は、2014年5月の日記を読み返してみました。

 

2014年5月5日(月)の日記

秋田県玉川温泉。今日も天然の岩盤浴と温泉に通った。
・午後から雨が降り出したので、室内の岩盤浴を予約した。
・横浜から来ている男性は肺がんで、奥さんと娘さんと三人連れとのこと。かなり辛そうな状態に見えた。天然の岩盤浴で、奥さんが場所取りの順番待ちをしていた。奥さんも娘さんも優しい人柄だった。
・ママは温泉で、30歳代の女性と会話をしたそうだ。

  ※ 玉川温泉:がん患者に親しまれている秋田県にある湯治場のこと。

 

f:id:friendly2019:20220123113817j:plain

天然の地熱による岩盤浴

 

〈2014年の5月

秋田県にある玉川温泉は、O三敬病院の患者会の方に教えていただき何度か通っていました。がんの患者さんに親しまれている湯治場です。強酸性の温泉と地熱による岩盤浴が親しまれる最大の理由です。療養目的のため連泊する方が多く、食堂や温泉や洗面所などでお会いすることが重なり、挨拶から会話になることがあります。温泉や岩盤浴に加え、この会話も親しまれる理由だと思います。

長期に渡って再発や転移などの不安を伴うのが “がん” という病気です。身体の不調を整えることに加えて心の不安を整えることも必要です。身体の不調は医師の皆さんの力をお借りしますが、心の不安は患者家族が主になるのだと思います。

〈たくさんの出逢い〉 

▷東京蒲田に住む女性(72歳)と秋田に住む女性は、ここで知り合った卵巣がんの患者さん同士で、お二人とも回復し予防を兼ね再訪している方々でした。
▷名古屋在住の男性は、前立腺がんと緑内障だったそうです。片足を引きずって歩いていたのが回復して、いまは落ち着いているとのことでした。
▷帰りの新幹線で妻が温泉で会話をした30歳代の女性と同じ車両になりました。私はその女性の席に座り、妻と女性は並んで座り大宮駅までお話をしながら帰りました。百万人に一人と言われる病気だそうで、大きな不安を一人で抱えている様子でした。

玉川温泉に来るたびに出逢いがあります。ここに集うみなさんには共通していることがあるように思います。相手が話すことだけを聞きます。自分が話せることだけを話します。必要以上のことは聞いたりしません。話したくないことは話しません。そんな距離感を保ちながら、同じ場所で同じ時間を共有しているのだと思いました。

                                 

お読みいただきまして、ありがとうございます。

・次回の家族日記は

 〈黒部立山の旅〉

を2022年1月26日(水)に予定しています。

第43話 鉄道の人身事故

〈がん患者の家族の体験記〉

このBLOGは、がん患者の家族の回想録です。2010年~2019年までの9年間、大腸がん(横行結腸)・卵巣への転移・腹膜播種・肝臓への転移・腸閉塞でも、とても前向きに生き抜いた妻。患者家族である私が、その当時に書いた日記をもう一度読み返し、当時の患者家族の気持ちを振返ってみました。

今日は、2014年4月の日記を読み返してみました。

 

2014年4月3日(木)の日記

・いつものように西武池袋線からJR山手線に乗り換えるために、JRの地下改札口に入ると、突然ものすごい警報音が響いた。
・ホームへの階段を昇ると、すぐ隣りのホームで人身事故が発生した直後。何に悩んでのことなのか。

・仕事帰りに、マーちゃんの母親の通夜に行く。
・思い出横丁の埼玉屋でビールを1本飲んで家路についた。人の死に向き合う一日だった。

  ※ マーちゃん:小中学校時代の地元の同級生のこと。

 

f:id:friendly2019:20220119101411j:plain

太陽の光を浴びて春に花開く草木たち




〈2014年の4月

4月3日(木)の朝、JR池袋駅で発生直後の人身事故に遭遇しました。恐らく私が西武池袋駅に降車した頃は、この方は、ホームの上を歩いていたのだと思います。
4月18日(金)の夜、関西からの出張帰りのJR目黒駅で人身事故に遭遇しました。この方も、私がJR品川駅で新幹線を降車した頃は、この世にいたのだと思います。

お二人とも、心の中が苦しさでいっぱいになってしまい、解放されたかったのかもしれません。春は季節の変化と一緒に人を取り囲む環境も変わります。「希望」や「喜び」と同時に「絶望」や「哀しみ」も感じさせる季節なのかもしれません。

太陽の光は平等に私たちを照らしてくれます。光を浴びて輝く部分があるということはその輝きの後ろには影の部分もあるのだと思います。
平穏な日々の中では、この思いを理解して落ち着いて過ごすことができます。しかし、平穏さを揺らぐような出来事が起きると冷静さは失われてしまいます。時として輝く光を浴びて「幸せだ」と感じて有頂天になってしまう一方で、影の部分を感じたときなどは「不幸だ」と感じて身の回りのすべてのことを悲観してしまうこともあります。
こんな状況を乗り越える方法を身に着けたいと思います。

〈断捨離の良いところ〉 

窮地に追い込まれ望みを失いかけたときに、その逆境を乗り越えるための処方箋のひとつに「断捨離」があるのではないでしょうか。

いま振り返ると、妻の病状は “完治を目指した時期” と “共存を目指した時期” と “緩和を目指した時期” に分けることができます。2017年頃からは、腹膜内での播種が広がり、目指すものが完治から共存へ変化しました。

この頃の私は、勤務していた宅配会社のグループ会社で “執行役員” という役職で都心にある職場へ電車通勤をしていました。妻の病状の変化にあわせて “自分は何をしたいのか、何ができるのか” を考えました。妻との時間を大切にしたいという思いを実現するため執行役員という役職を返上し、自宅から車で10分程の宅配事業所への異動を願い出ました。同時に「介護時短制度」も利用させていただきました。(会社や仲間には感謝の気持ちでいっぱいです)

このことで、妻には心の負担をかけたかもしれません。しかし、出勤直後に体調が悪化して帰宅したことも数回ありました。都心の職場でなかったことに安堵しています。

断捨離は、本当に大切にしたいことを明確にできます。そして大切にしたいことを実現する環境を作ることができます。窮地に追い込まれたときに二兎を追うのは難しいですが、一兎なら何とかなるかもしれません。

                                 

お読みいただきまして、ありがとうございます。

・次回の家族日記は

 〈玉川温泉の人々〉

を2022年1月23日(日)に予定しています。

第42話 塞翁が馬

〈がん患者の家族の体験記〉

このBLOGは、がん患者の家族の回想録です。2010年~2019年までの9年間、大腸がん(横行結腸)・卵巣への転移・腹膜播種・肝臓への転移・腸閉塞でも、とても前向きに生き抜いた妻。患者家族である私が、その当時に書いた日記をもう一度読み返し、当時の患者家族の気持ちを振返ってみました。

今日は、2014年3月の日記を読み返してみました。

 

2014年3月22日(土)の日記

草津温泉郷の「松阪屋旅館」に宿泊した。温かみのある素晴らしい温泉宿だった。
・西の河原温泉、大滝の湯も最高だった。松むら饅頭を草津土産に買って帰る。
・帰りに「蓑郷梅園」の梅まつりを楽しんだ。茶屋のおばちゃんの話が良かった。日本全国、人情に溢れている。

 

f:id:friendly2019:20220115094253j:plain

草津温泉の帰りに寄った「蓑郷梅園」の梅まつり



〈2014年の3月

妻の3か月に1回実施する定期的な検査は、この頃も続いていました。毎回のことですが、検査日から検査結果を聞くまでの数日間は毎日が不安で、診察室の前で名前を呼ばれるのを待っている時の不安はピークに達していました。
そして、検査結果で「問題なし」という先生の言葉を聞くと、とても深い安堵な気持ちになり、帰りの車の中でふたりは、とても幸せな気持ちにあふれていました。

2月の那須温泉に続き、3月は草津温泉に行きました。源泉かけ流しで比較的近いことが訪問先を決めるキーワードでした。訪問先だけでなく、行き帰りの道中も楽しい時間でした。

〈日々の出来事の受け止め方・感じ方〉 

中国のことわざに「人間万事、塞翁が馬」があります。国境近くに住む老人が主人公で、この老人の身には様々な出来事がおきます。人は生きている限り、様々な出来事に遭遇します。良い出来事もあれば、歓迎したくない出来事もあります。このことわざは、その様な出来事の受け止め方や感じ方を、この老人を介して教えてくれる故事だと思います。

我が身におきる様々な出来事は、自らの意思とは無関係におきてしまう様です。出来事の発生やその内容などは、自分の力では変えることは難しいのかもしれません。一方で出来事に対する受け止め方と感じ方は、自らの心の持ち方次第で変えることができるのかもしれません。

うれしい出来事がおきた時は、謙虚な気持ちで受け止めて浮かれることなく過ごし、歓迎したくない出来事がおきた時は、事実を正しく受け止めて落ち込み過ぎることなく過ごすという、この故事の様に過ごせたら、心健やかな日々になるのだと思います。この「がん患者の家族日記」を書くようになって、この思いは強くなってきました。

ところが超凡人の私です。理解は十分にしておりますが、日々の暮らしのなかでこの老人の様に、身におきた出来事を正しく受け止め冷静に感じながら日々を過ごす段階にはほど遠い状態です。到達することは無理にしても、もう少しだけ近づきたいと思い、これからも精進していきたいと思います。

                                 

お読みいただきまして、ありがとうございます。

・次回の家族日記は

 〈鉄道の人身事故〉

を2022年1月19日(水)に予定しています。

第41話 聞き上手な妻

〈がん患者の家族の体験記〉

このBLOGは、がん患者の家族の回想録です。2010年~2019年までの9年間、大腸がん(横行結腸)・卵巣への転移・腹膜播種・肝臓への転移・腸閉塞でも、とても前向きに生き抜いた妻。患者家族である私が、その当時に書いた日記をもう一度読み返し、当時の患者家族の気持ちを振返ってみました。

今日は、2014年2月の日記を読み返してみました。

 

2014年2月8日(土)の日記

・ママとふたりで那須の鷹の湯温泉にある「松川屋ホテル」に泊まった。大変良い温泉で大満足だった。
・ママの人懐っこさ、傾聴力はすごい。温泉に行くたびに、そこで出会った同宿のお客さんの “人生” を聞いて帰ってくる。愉快な人である。

 

f:id:friendly2019:20220112102550j:plain

ホテルの温泉(内湯)

〈2014年の2月

当時の日記を読み返したりパソコンに保存されている写真を見ていると、忘れていたことをたくさん思い出します。この年の2月は温泉に行きました。妻の “かけ流し温泉” という希望する聞き、身体への負担がかからぬような近い場所を選んだ記憶があります。高速道路を出ると雪道でした。ホテルの温泉は湯量が豊富で、内湯の他に素敵な露天風呂があり大満足でした。のんびりと温泉に浸かって過ごしました。

妻は温泉から部屋に帰ってくると、浴場で出会った人から教わったことなどを話してくれました。その話を聞きながら私はお酒を飲みました。こういう時間を “まったりとした時間” というのでしょうか。何とも幸せな時でした。

妻は見るからに穏やかな感じの女性でした。話し方は、のんびりとした話し方でした。聞く時は、いつも驚いたり感心したりしながら聞いていました。もちろん否定的なことは言わない人でしたので、娘や息子たちは、学校の話・恋の話・自分の進路の話などを食事時などによく話していました。
そんな妻でしたので、浴場でご一緒したお客さんも温泉に浸かりながら色々とお話をしてくれたのだと思います。ありがたいことです。

 

〈人に感謝〉 

我が家族は、テレビをほとんど見ない家族でした。子供達は自室にいることはあまりなく食事をするテーブルの周りにいることが多かったように思います。今は、息子も娘も独立して住んでいますが、とても親切で優しくしてくれるのでありがたいです。

我が夫婦は、ご近所のご夫婦と仲の良い夫婦でした。 11月22日の “いい夫婦の日” には食事をしたり旅行に行ったりしていました。今も、お隣さんのお宅の庭での飲み会などに誘っていただき楽しんでいます。

ひとりになった今の私を支えてくれているのは、家族や親せき、ご近所さん、趣味の仲間たち、友達や職場の仲間たち、病院やスポーツジムの先生方です。この方々がいてくれるので何とか前向きに日々を過ごすことができています。

そしてこの “心強い人々” を私に贈ってくれたのは、聞き上手な妻だと思っています。

                                 

お読みいただきまして、ありがとうございます。

今年もよろしくお願いします。

・次回の家族日記は

 〈塞翁が馬〉

を2022年1月15日(土)に予定しています。

第40話 静かなお正月

〈がん患者の家族の体験記〉

このBLOGは、がん患者の家族の回想録です。2010年~2019年までの9年間、大腸がん(横行結腸)・卵巣への転移・腹膜播種・肝臓への転移・腸閉塞でも、とても前向きに生き抜いた妻。患者家族である私が、その当時に書いた日記をもう一度読み返し、当時の患者家族の気持ちを振返ってみました。

今日は、2014年1月の日記を読み返してみました。

 

2014年1月1日(水)の日記

・家族が揃って新しい年を迎えることができ、とてもありがたく幸せな気持ちでいっぱいである。
・大宮のみんなと一緒にお墓参りをして、八王子の京王プラザホテル内の中国料理店「南国」で昼食を共にする。
・昼食後の我が家は、山中湖畔にある「紅富士の湯」に立ち寄って山中荘へ。
・今年も一年、良い毎日を重ねていきたい。ありがとう。

   ※ 大宮のみんな:大宮に住む私の姉家族のこと。

   ※ 山中荘:勤務していた会社の保養所のこと。

f:id:friendly2019:20220108100113j:plain

勤務先の保養所「山中荘」



〈2014年の1月

がんと向き合う生活を9年間過ごした我が家ですが、いま当時の日記を読み返してみると、2013年と14年は再発も転移もなく穏やかに過ごせていた2年間だったことがわかります。
14年のお正月は、元旦にお墓参りをして2泊3日で勤務先の保養所で過ごしました。2日朝は、妻と娘は寝ていましたが息子と二人で、再び紅富士の湯へ行き、露天風呂に浸かりながら朝日に照らされて紅色に染まる富士山を眺めたことを想い出します。日中は御殿場アウトレット乙女峠を訪ねました。のんびりと楽しい静かな時間でした。

〈ふたつの実家〉 

正月3日は私の実家(新宿)に行き、4日は妻の実家(練馬)へ行きました。

新宿の母は、この時85歳でひとり暮らしでした。左ひざが痛くてトイレに行くのも大変だと話していたこと、室内用杖・子機付き電話機・ポット・宅配弁当を用意することにしたことなどが、1月の日記に書かれていました。そして、「みんながいると楽しいが、帰ってしまうと淋しい」と言っていたことも書かれていました。

練馬の父母は、この時81歳(父母は同じ年)で、ふたりで暮らしていました。ふたりとも目に障害があるのですが協力し合って暮らしていました。昼食は実家で寿司、夕飯は近所の「桃源門」という中国料理店で楽しく過ごしました。

妻は、両方の親に対していつも優しく接していました。その影響だと思うのですがこの当時も今も、子供達はおじいちゃんとおばあちゃんに暖かく接してくれています。

昨年末は、息子ファミリーと娘と一緒に、お泊りで「クリスマス会」を開催しました。年末年始は、娘とふたりで青森へ「父娘の旅」へ行ってきました。

いつも優しいのですが、この時、息子ファミリーと娘たちが、私に対していつも以上に優しく親切に接してくれるので、とても驚きたいへん感激しました。
知らぬ間に、あの頃のおじいちゃん・おばあちゃんのポジションに自分もなってしまったのかと思うと驚きです。諸行無常による悲しさと喜びを体感しました。

                                 

お読みいただきまして、ありがとうございます。

今年もよろしくお願いします。

・次回の家族日記は

 〈聞き上手な妻〉

を2022年1月12日(水)に予定しています。